株式会社ユニココ, unicoco    キャッチフレーズ

 ホーム ニュース ユニココについて事業・活動内容事業報告コンタクト

 

事業報告 

ニュース用イメージ

 

- 2015年度 -

・「農」のある暮らしづくり事業

東京都西東京市において、高齢者の他、障がい者、市民が農を通じてコミュニティを形成する仕組みの提供を行った。3年目となる当事業は、今年度は障がい者の就労支援事業と高齢者の農作業体験事業を重点的に行なった。 →農福連携事業
・障がい者就労支援のための、農家と福祉事業者のマッチングおよびコーディネート
・高齢者の生きがいづくり、健康促進のための農作業体験のコーディネート、イベント企画・実施

・むらおこし事業@群馬県片品村

2014年度に引き続き、群馬県片品村花咲地域の住民の方々の「片品地域未来振興協議会」の運営を事務局としてサポート。2年目となる事業は、都市との交流、雇用創造、移住促進、自然教育に関わる事業を年間を通して行なった。
・都市と農村の交流拠点となるハーブガーデンの整備 →ハーブガーデン活動
・森のようちえん:地域と都市の子どものための自然を園舎と見立てた情操教育
・OZE FOOD VILLAGE:地域の食材を活用したメニュー開発ワークショップ →OZE FOOD VILLAGE
・起業家サミット:地域で起業をしている、起業を仕掛けている、生業をもっている全国の若き・熱き起業家たちをあつめた講演会を実施

・地方版総合戦略策定支援業務@群馬県片品村

群馬県片品村における平成27年度地方版総合戦略および人口ビジョンの策定支援を実施:人口ビジョン、産業動向、住民の意向等を総合的に調査・分析し、総花的にならない地域の仕事の創出と人口の維持を目的とした実践的な戦略を作成
   →尾瀬の郷片品村 むら・ひと・しごと総合戦略
   →尾瀬の郷片品村 人口ビジョン

・地方創生加速化交付金

群馬県片品村における平成27年度地方創生加速化交付金実施計画策定支援を実施

・港湾における調査・研究

東京湾沿岸の環境実態調査および八戸港における市民参加型環境整備事業における調査支援

・やおよろずのさんぽ市&くいしんぼのさんぽ市

昨年に引き続き田無神社で行う、地域のクラフト・食・アートなどのアーティストやプロデューサーが集う地域の一大イベントを企画から運営まで行った他、古民家を舞台に「食」をテーマにした「くいしんぼのさんぽ市@和のいえ櫻井」を実施。

・地域活性化に関する研修・イベントの企画・運営

・地域経済分析システム<RESAS>を活用したまちづくりワークショップの企画・運営
・上記ワークショップから派生したまちづくりチームによるまちづくりアイディアコンテストの受賞 →地方創生☆政策アイディアコンテスト2015
・都市農業振興を目的とした「農業経営者」、「農業関連事業者」、「行政」向けの勉強会およびワークショップを企画・実施:都市農業振興基本法について考えるワークショップ ~どうなる?どうしたい?都市農業振興基本法~

 

- 2014年度 -

・「農」のある暮らしづくり事業

2013年度に引き続き、当事業を継続。高齢者の他、障がい者、市民が農を通じてコミュニティを形成する仕組みの提供を行った他、都市郊外における農福連携に関するシンポジウム・ワークショップの開催、食育ワークショップなどを開催した。
・高齢者・障がい者・市民の農作業体験を通じたコミュニティづくり
・都市農業の現状と課題、展望を知るための農福連携シンポジウムの開催
西東京農地保全協議会 活動ブログ

・むらおこし事業@群馬県片品村

群馬県片品村花咲地域の住民の方々と協議会を形成し、地域資源を活かした村おこしプロジェクトをスタート
・地域資源を活用した青年実践者の講演会「ヒト・モノ・自然が活きる地域」講演者:井筒耕平氏 村楽エナジー株式会社
・ハーブを活用したむらづくり講習会「メディカルハーブの基礎講座」
・移住者・地域おこし協力隊の村への招致
・移住体感モニタリング グリーンツーリズム →unicoco 活動ブログ

・港湾における今後の環境政策に関する検討業務

東北5港における環境再生整備を検討するとともに、今後の市民参加型の海辺の自然環境再生のあり方を検討。
unicocoは当該港湾の地域政策および地域計画の情報収集及び整理、環境整備における参加型環境活動の検討を担当。

・地方版総合戦略 先行型 策定支援業務@群馬県片品村役場

群馬県片品村における平成27年から実施を行う地方創生総合戦略 先行型のプロジェクトの策定支援を行った。
地域資源を活用した観光・農業を中心とした産業振興や子育て支援等のプロジェクトを策定

・やおよろずのさんぽ市&くいしんぼのさんぽ市

昨年に引き続き田無神社で行う、地域のクラフト・食・アートなどのアーティストやプロデューサーが集う地域の一大イベントを企画から運営まで行った他、今年度は秋に地域の古民家を舞台に「食」をテーマにした「くいしんぼのさんぽ市@和のいえ櫻井」を実施。地域のとれたて野菜の販売、地域食材を使ったフードの提供、地粉を使ったうどんづくりワークショップなど、食とコミュニティのつながりを実感できるイベントとした。
開始2時間で全出店者の商品が売り切れてしまうほどの盛況ぶり!
くいしんぼのさんぽ市掲載記事

・多摩の食と農によるまちづくりシンポジウム

多摩地域の活性化を目指す中間支援団体「多摩CBネットワーク」の活動のひとつであり、2013年から行っている食と農業関連によるまちづくりの支援イベント「多摩の食と農によるまちづくりシンポジウム」の運営協力を行う。 多摩の農家と飲食店や商店街、スーパーなどの流通とまちおこしやまちづくりに携わる人々、さらには大学研究者や地元金融機関、自治体関係者などが一堂に会し、それぞれの状況や取り組み、課題、思いを共有する他、関係者間のマッチングの場を提供し、多摩地域の活性化を起こすことを目的としています。 2014年は、立川市ご協力のもと、11月「たましんRISURUホール」(立川市民会館)にて、多摩地域で農業分野で活躍する3名の方々にお越しいただき、多摩の農業のあり方を講演、およびパネルディスカッションを行う「シンポジウム」を開催した他、会場外において、多摩地域の食材が集まる「あつマルシェ」の開催、会場周辺飲食店舗で地域食材を食べ歩きできる「地場野菜ナイト」を同時開催。
多摩の食と農によるまちづくりシンポジウム ブログ

 

- 2013年度 -

・農林水産省「農」のある暮らしづくり推進対策

西東京市において都市農業および都市の農地の必要性を啓発するために、西東京農地保全協議会を設立し、
市内の農家さんや企業とともに、市民の農作業体験や都市農業シンポジウムを開催。
・高齢者デイサービス利用者の農作業体験による生きがいづくり
・都市農業の現状と課題、展望を知るための都市農業シンポジウムの開催
西東京農地保全協議会 活動ブログ

・国土交通省「青森港海域環境再生整備検討業務」

青森港港湾区域内における環境再生整備を検討するとともに、今後の市民参加型の海辺の自然環境再生のあり方を検討。
unicocoは市民参加型の自然環境再生活動や、街のにぎわいづくりを担当。

・唄で奏でるピースフルな映画『Canta! Timor』上映会

南海に浮かぶ神々の島、東ティモールの内戦とそれを生き抜いた人びとの地球への愛と慈しみ追った、唄で奏でるピースフルな名作ドキュメンタリー映画『Canta!Timor』をカフェ&ギャラリー田無なおきちで2日間にかけて3回上映しました。
当日は、映画上映だけではなく、ティモールコーヒーを飲みながら、感想や平和のことなどについてみんなの想いをシェアしました。
<日程>2013年5月25日(土)、26日(日)、計3回上映
<場所>カフェ&ギャラリー田無なおきち
くわしくは、こちら

 

・やおよろずのさんぽ市&タナシインドラフェス!@田無神社、ひばりケ丘PARCO

西東京市のパワースポット田無神社で2012年からスタートした、「田無なおきち」とunicocoが主催(現:やおよろずのさんぽ市実行委員会が主催)する一大祭り!
手作りクラフトや逸品フード&ドリンク、カードリーディングや筆跡診断などのショートリーディングコーナー、ハンモックリフレクソロジー、出店もライブも大盛り上がり。
<日程>2013年4月、5月、9月 計4回開催
<場所>田無神社境内、ひばりケ丘PARCO店頭および5Fスペース
やおよろずのさんぽ市 ホームページ

 

- 2012年度 -

・奇妙礼太朗 全国ツアー in ぐんま

日程:4/9(火)
場所:ディア・フィオーレ マリエール高崎 
くわしくは、こちら

 

・甘酸っぱく、楽しく!「いちご物語『春』」ツアー

いちごの収穫と片付け作業を農家さんと一生懸命にこなして、その後はいちごを使ったスイーツづくりや鍋料理、農業にちなんだゲームなどで農家さんと交流して楽しむツアーを群馬で開催!甘酸っぱい思い出と、農家さんとのつながりを作りました!!
日時:2013年3月16日(土)
詳しくは、こちら

 

・ネパール農村交流スタディーツアー

ネパール共和国に赴き、農村に滞在。そこに住む人々の生活、生業、営みを実際にホームステイしながら体感。国際協力を行なうボランティア活動の視察や孤児院での共同生活などを行い、グローバルに「生きる」、「活動する」、「働く」視点を養う、スタディツアーを開催しました。
日程:2013年2月25(月)〜3月6日(水)
くわしくは、こちら